今流行り?代理出席で稼いでみる?実際にやってみると楽しい

Pocket

最近雑誌などでよく目にすることになった代理出席とは?

副業関連の雑誌の項目を見てみるとたまに目につく代理出席、一体どういったもので、どのくらい稼げるものなのでしょうか。

代理出席

以下の文章は雑誌SPAを引用してものです。

特殊な訓練を受けなくても身につけられるスキルといえば「コミュ力」。この、ありふれたスキルを武器に稼げる副業を集めてみた。どれも一見「ネタ」っぽいが、実際に月10万円以上稼いでいる人は多いのだ!

◆ゲストのいない披露宴での助っ人<結婚式の代理出席>

結婚式 噂の副業として、TVなどでも頻繁に紹介される「代理出席」だが、いかほど需要はあるのか? 実態を語ってくれたのは、代理出席200回を超えるという釜田京平さん(仮名・35歳)。業界大手のアクティングエージェントサービスに登録し、東海地区で活動中だ。

「仕事のメインは、土・日・祝日の結婚式への出席ですが、正直、引き合いはかなりあります。特に3~6月、9~11月は結婚式が増えるため、出席回数は月6~8回にもなり、ギャラが月10万円に届くこともしばしば」

レギュラーの報酬は、披露宴1回につき6000円だが、さらに受付などを担当することでボーナスがつく。また、5回以上の代理出席を経験した人は「地区リーダー」として現場の仕切りを任されることも。これらをこなすことが、10万円達成の鍵だ。

披露宴の最中に他の来賓と会話することは避けられないため、事前に覚えていくべき設定も多数。

「新郎新婦の人柄などはもちろんのこと、例えば『大学の友人』という設定なら、学部やキャンパスの所在地も押さえます。キャンパスが複数ある大学は多いので、そこからボロが出たら終わり。設定が『会社の同僚』なら、役職や業務内容も、ある程度は作り込む必要がありますね」

本物以上に“友人らしく”ふるまうことも求められる。

「新郎が挨拶する場面では、つとめて笑顔でオーバーリアクション。高砂へは必ず一度は酒を注ぎに行き、一緒に写真を撮るのも忘れません」

「座っているだけのラクなお仕事」では決してないのだ。とはいえ、宴会好きで人見知りしない人にとっては、ご馳走を楽しみながら稼げる「美味しい」仕事といえる。

●こんな人はぜひ!!
人見知りしないのは当然、“なりきれる”人や、接待上手の人に

【月10万円のモデルプラン】
追加報酬の一部を紹介すると、受付1000円、スピーチ1000円、余興2000円、二次会出席3000円、地区リーダー手当2000円など。仮に地区リーダーで、受付+余興+2次会出席+2次会受付をこなせば1万5000円。7回で10万円を超える

引用先

確かに、行動力、コミュニケーション能力が高い人向けの副業といっていいでしょう。

代理出席

実際に代理出席として働くためには

代理出席

行動力ある人向けのこちらの副業どうやったら始められるのでしょうか?

個人で斡旋していくのは深野ですので、こちらも派遣形式での仕事がほとんどみたいですね。

実際に母有しているところをまとめてみました。

といったところが有名どころだと思います。

代理出席

こういったサイトに訪れて、スタッフ募集のページから応募することで進められます。

記入欄に自分にあったら代理項目があるので、無理のない範囲で選択していくことが大切みたいです。できないことは無理にチェックしないように。

登録が終わったら、あとは自分の要望している仕事とマッチしたものがあるかの連絡待ちになります。

すぐに連絡が来ることもあれば、なかなかこない場合もあるみたいです。

気長に待つが吉です。

そして、仕事にありつけたら、依頼先の要望通りに演じて報酬を頂くだけで終了みたいですね。続けたければ続けて、しょうに合わないと思ったらそれっきりでいいと思います。

興味があれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか!!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です